WSE-18A型
お気に入りを見る 比較表を見る
爆発性ガスによって、爆発の危険雰囲気を生成する恐れがある場所に使用します。
ウォータハンマ緩和機構を備えたダイヤフラム式で、水、ガスラインに適した構造です。

主な特徴

  • 爆発性危険場所に使用します。
  • 手動機構付で、テスト作動、停電時の作動が簡単に行えます。
  • 電線管ねじ部の方向を変えることができ、設置や配線が容易です。
  • ストレート形は管端コア取付け可能ですから、赤水の発生を防止します。

仕様

製品記号 WSE18A-F
種類 ダイヤフラム式
形状 アングル形
作動 通電開
呼び径 15~50(1/2~2)
適用流体 水・空気オイルフリーコンプレッサー(ターボ形圧縮機や容積形圧縮機(ロータリー式無給油タイプ))によるドライエアーの空気圧システムにて使用する場合、ゴム部品が短時間で著しく劣化することがあります(オゾンクラックの発生)。このような場所に設置する場合はお問い合わせください。・不活性ガス
流体温度 5~60℃
適用圧力 0.02~1.0MPa
弁前後の最小差圧 0.02MPa
許容漏洩量 なし(圧力計目視)
定格電圧 AC100/110V 50/60Hz又は
AC200/220V 50/60Hz
絶縁種別 H種
周囲温度 5~50℃
保護構造 耐圧防爆構造d2G4(屋外設置可)
端接続 JIS Rねじ
取付姿勢 水平配管にコイルを上にした正立取付
本体耐圧試験 水圧にて2.0MPa
材質 本体 CAC406
材質 ダイヤフラム NBR
  • WSE-18型は管端コア(流体温度:MAX.40℃)を取付け可能です。WSE-18A型は、管端防食継手の異種管接続用継手(めねじ継手L形品)を使用することにより、赤水の発生を防止します。

資料ダウンロード

資料ダウンロード

全製品記号共通

WSE-18Aカタログ

WSE-18A取扱説明書

よくある質問と解説

電磁弁を長時間弁開のまま使用(通電)しても問題はないですか?

電磁弁のコイルは「連続定格」になっており、通電したまま使用しても問題ありません。

電磁弁のコイル部が熱くなっているが問題ありませんか?

コイル部が熱くても問題ありません。

電磁弁の二次側が立上り配管の場合逆流しますか?

電磁弁は弁体部の重量と流体圧で閉止しています。従って、入口圧力が無く、逆圧が掛かると弁開し逆流します。この場合は電磁弁二次側に逆止弁を設置してください。

この製品についてのお問い合わせ

製品に関するご質問や技術的なお問い合わせなどはこちらのフォームをご利用ください。
お電話でのお問い合わせご希望の方は、ベンの各営業所にご連絡ください。

お預かりするお客様の個人情報は、弊社『個人情報保護管理規定』に基いて厳重に管理し、お客様の同意がない限り
お問い合わせ・ご相談への対応以外には使用いたしません。
プライバシーポリシーをご確認ください。

アンケートにご協力ください

いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページは参考になりましたか

本サイトについて、お探しのページの探しやすさはどうでしたか?

本サイトついて、ページの分かりやすさはどうでしたか?

ご協力ありがとうございました

比較表に追加しました比較表を見る

close

お気に入りに追加しましたお気に入りを見る

close

ダウンロードBOXに追加しましたダウンロードBOX

close