吸排気弁

空気抜弁と吸排気弁の違いを教えてください。

吸排気弁と空気抜弁の大きな違いは負圧時の吸気能力です。断水や事故等により給水立て管内の圧力が低下すると、立て管上部が負圧となり建物内で逆流(逆サイホン)が発生するおそれがあります。その為給水立て管頂部には負圧を解消できるだけの多量の空気を管内に導入できる吸排気弁の設置が必要となります。
空気抜弁も配管内が負圧となった場合は空気を吸込みますが、吸気量が少ない為負圧の解消はできません。

お問い合わせ

製品に関するご質問や技術的なお問い合わせなどはこちらのフォームをご利用ください。
お電話でのお問い合わせご希望の方は、ベンの各営業所にご連絡ください。

お預かりするお客様の個人情報は、弊社『個人情報保護管理規定』に基いて厳重に管理し、お客様の同意がない限り
お問い合わせ・ご相談への対応以外には使用いたしません。
プライバシーポリシーはこちらをご確認ください。