WS-38型
お気に入りを見る 比較表を見る
電池式のWS-38型シリーズ(ねじ込形)は、バルブコントローラによる弁開閉制御が容易に行える電磁弁です。パルス作動、永久磁石で弁開状態を保持する「自己保持機能」及び電池内蔵のバルブコントローラによる組合わせで、制御盤や電源ケーブルが不要です。
使用場所
散水設備

主な特徴

  • バルブコントローラを組込んでいますので制御盤、ケーブルが不要です。
  • 作動時のコイル消費電力は2Wです。
  • 手動開閉機構付です。
  • バルブコントローラは時刻、曜日など様々な設定条件で使用可能です。
  • プログラム制御に限らず、バルブコントローラのスイッチで手動散水も可能です。

仕様

製品記号 WS38-F
種類 ダイヤフラム式
作動 通電開
呼び径 15~50(1/2~2)
適用流体
流体温度 5~60℃(管端コア使用の場合5~40℃)
弁前後の最小差圧 0.05~0.75MPa
定格電圧 DC6V(バルブコントローラ電源より供給)バルブコントローラの電池は9Vアルカリ乾電池(「6LF22」又は「6LR61」)をご使用ください。(別売品)
絶縁種別 B種
周囲温度 5~50℃
保護構造 防噴流形(IP55相当)
端接続 JIS Rcねじ管端コア内蔵品も製作しています。
取付姿勢 水平配管にコイルを上にした正立取付
本体耐圧試験 水圧にて2.0MPa
定格電流 0.33A
消費電力 2W
弁開時間 約1~2秒
弁閉時間 5~30秒
材質 本体 CAC406
材質 ダイヤフラム NBR
  • 9Vアルカリ乾電池は、1年以内に必ず交換してください。
  • 本弁を配管に取り付けたとき、永久磁石により弁開状態となっている場合がありますので、流体を流す前に必ず次の操作を行ってください。付属コントローラにて「手動散水」操作を行ってください。その後「手動散水中止」操作により弁閉し、使用可能状態となります。
  • アングル形も製作しています。(端接続 JIS Rねじ)
  • バルブコントローラ無のWS-39型も製作しています。(ただし、動作にはパルス電圧切換のコントローラ又は制御盤が必要です。詳細についてはお問い合わせください。)
  • レインセンサー付属(簡易検知型)も製作しています。(降雨時に雨を感知して散水を止めます。)
  • 呼び径選定図表は、総合カタログ343頁をご参照ください。

資料ダウンロード

資料ダウンロード

全製品記号共通

WS-38カタログ

WS-38価格表

WS-38外形図

WS-38取扱説明書

WS38-F

WS38-F参考図

よくある質問と解説

電磁弁を長時間弁開のまま使用(通電)しても問題はないですか?

電磁弁のコイルは「連続定格」になっており、通電したまま使用しても問題ありません。

電磁弁のコイル部が熱くなっているが問題ありませんか?

コイル部が熱くても問題ありません。

電磁弁の二次側が立上り配管の場合逆流しますか?

電磁弁は弁体部の重量と流体圧で閉止しています。従って、入口圧力が無く、逆圧が掛かると弁開し逆流します。この場合は電磁弁二次側に逆止弁を設置してください。

この製品についてのお問い合わせ

製品に関するご質問や技術的なお問い合わせなどはこちらのフォームをご利用ください。
お電話でのお問い合わせご希望の方は、ベンの各営業所にご連絡ください。

お預かりするお客様の個人情報は、弊社『個人情報保護管理規定』に基いて厳重に管理し、お客様の同意がない限り
お問い合わせ・ご相談への対応以外には使用いたしません。
プライバシーポリシーをご確認ください。

アンケートにご協力ください

いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページは参考になりましたか

本サイトについて、お探しのページの探しやすさはどうでしたか?

本サイトついて、ページの分かりやすさはどうでしたか?

ご協力ありがとうございました

比較表に追加しました比較表を見る

close

お気に入りに追加しましたお気に入りを見る

close

ダウンロードBOXに追加しましたダウンロードBOX

close